日常生活にも落とし穴!?シミの原因になり得る仕草

頬杖でシミができる?

普段のクセでシミができてしまう、こんなことがあるとご存じですか?何か考え事をしたり、手持無沙汰な時に頬杖をつく仕草がクセになっているという場合、もしかしたらシミができてしまうかもしれません。シミができてしまう原因の1つに、肌への刺激が挙げられます。肌に何等かの刺激が加わると、その部分にメラニン色素が過剰に作られ結果、シミになってしまうのです。 頬杖をつくという仕草も、肌にとってはダメージとなります。同じ場所に手を添える行為によって、結果メラニン色素の生成が促進されてその部分にシミができやすくなるというメカニズムです。頬杖はシミができやすくなるだけでなく、骨格を歪ませてしまうこともあるのでなるべくしないよう注意しましょう。

お肌のお手入れはほどほどに

より美肌になりたいと毎日、肌のお手入れを念入りに行っているという人も少なくありません。お肌のお手入れは必要ですが、やはり「やり過ぎ」は禁物です。例えば、より化粧水を肌に浸透させようとして、コットンを使い叩くようにケアしてしまうと刺激によってシミができやすくなります。洗顔時も毛穴の中に入り込んでいる皮脂や汚れを落とそうとするあまり、ゴシゴシ洗ってしまいがちですがこの仕草もシミを作る原因の1つです。

さらに外出先で何回も化粧直しするという仕草も、シミを招く要因となります。スポンジやパフが肌に触れる回数が多ければ多いほど、刺激となりシミができやすくなるからです。何となく行ってしまう仕草ですが、過度に肌を触る行為は止めた方が良いでしょう。